只今、Canvaで作るバナー作成講座お申し込み受付中 ボタン

公式ラインを活用しよう

「こちらの公式ラインへ登録してください」

ブログやSNSの記事の最後によく見かける
フレーズです

私もそのよく見かけるフレーズに触発されて
なんとなく公式ラインを使い始めました

きっかけはコロナ禍の自粛期間中にブロ友さん
と個人的に連絡が取りたいなと思ったからです

誰に見られているかわからない世界で個人の
LINEコードを載せることに抵抗ありましたから
公式ラインの友だち追加バナーを貼りました

はい、その程度の理由でした(笑)

公式だけどビジネスではないプライベートに
近い、ただの連絡利用のための手段でしたが

後に公式ラインにはネット集客において重要な
役割があることを私は知ったのです

目次

マーケティングファネル

マーケティングファネルという専門用語が
あります。このような図のことです↓

上から下にいくほど
お客様との信頼関係が増し購入に至ります

これにweb集客ツールを当てはめていくと。。

認知→Facebook, Instagramなど
興味関心・比較検討→ブログ、ホームページ
営業・教育→公式ライン、メルマガ

SNSでは外国の方や同業者だったり本当に自分に
興味があるのかよく分からない方からフォロー
されることも多いですよね

なのでフォロワー数は特に気にせず、自分
の存在を知ってもらう認知活動と捉えて淡々と
発信を頻度多めにしていけばいいと思います
(但し、いいね数やコメント数は気にしましょう)

日々のSNS発信でファンになってくださった方は
ブログを読みに来てくださります。(興味・関心)

ブログは短文のSNSとは違い、自分の想いを文章
で届けられる場です

ここで自分の記事内容に共感したり問題解決をして
くれそうだと訪問者に判断してもらえると

晴れてもう1段先の段階、公式ラインへご登録
いう流れになっていきます

どうでしょう?ご存知でしたでしょうか??

公式ラインの活用法とは

公式ラインはただの連絡手段だったり
お申し込みボタンの代わりではありません

公式ラインとは商品・サービスを提供する
プッシュツールである

この認識が過去の私は出来ていませんでした

ではどのように活用していったら良いのでしょうか?

公式ラインは自分の事業内容に興味を持っている人
だけが集まっているクローズな場所です

なのでSNSのフォロワー数は気にしなくても
ライン登録者数は気にしてください😆

あなたのお客様になる可能性が一番高いエリアと
言えるでしょう

テクニックとしては特典やプレゼントを
つけて登録を促す

登録者には先行案内や割引価格でえこひいき感を出す

成約!
という流れになります

商品企画に悩んだ時にはラインメンバーに
アンケートをとってみるのもいいですよね

「答えはお客さんが持っています」

ある程度登録者数が増えてくればラインでのみ告知を
すればお申し込みが入るそうです

ここまでくると時短営業につながり
ネット集客の仕組み化に成功したといえますよね

メルマガと公式ラインの違い

公式ラインとメルマガはどちらの方が良いの?と
感じたことはありませんか?

お客様にとっても自分にとっても「気軽」に
始められるのはラインですね

ラインの友達登録は1秒で済みますが
メルマガは最低でも名前とメールアドレスの
入力が必要です

会話調の吹き出し画面でお客様との距離を近く
感じるのはメルマガよりラインかもしれません

メルマガでは文章がある程度のボリューム必要
になってきますがラインはそれほど気にしなくて
大丈夫

その分メルマガ登録者の方が濃いファンがつきやすく
成約には近い存在かもしれません

高額商品を売りたい場合にはメルマガを活用する
と良いでしょうか

上手に使い分けしていきましょう



この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

起業女子の皆さんのweb 周りサポートをしています。特に初期で何から始めたら良いのかどんなツールが自分に合っているのか分からない方に寄り添ってアドバイスすることが好きです。アメブロカスタマイズ、名刺、SNSバナー、制作受付中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる