只今、Canvaで作るバナー作成講座お申し込み受付中 ボタン

CANVAとAdobeソフトの違いは?

無料で簡単おしゃれなデザインを作りたい時に
多くの人が利用する有名なデザインアプリCANVA

私もずいぶんお世話になっています

バナー制作レベルであれば素人であってもcanvaで
綺麗な見た目に仕上がります

有料プランではありますが、人物像の切り抜き
なども可能です

ありとあらゆる種類テンプレートが揃っていて
名刺・チラシの印刷物からインスタなどの
sns用画像、zoomの背景画像もあったり
canvaは本当に便利に利用できます

では、デザイナーには最低必要と言われている
Adobeのデザインソフトでイラストレーターや
フォトショップはもう必要ない?

canvaを使えば8割がたAdobeソフトの見た目と
同じように制作物が出来ます

趣味で活用するには充分なのですが、
仕事で納品するとなればやはりAdobeソフトの
習得は外せない過程だと私は感じています

ブログのヘッダー画像制作で例をあげますね

<上>illustratorで仕上げた作品

<下>CANVAで仕上げた作品

目次

フォントの仕上がりに差ができる

一番分かりやすい違いはフォント(文字)に現れ
ます
上の例で「マヤ暦ラマト」のような立体感のある
文字はcanvaで出すことはできません。また、

↑この画像のような文字の縁取り加工も
できないし、波打つ感じのような機能が
canvaにはありません。。

色の鮮明さにも違いが出ていることにお気づき
でしょうか??

あと、同じ列での文字の大小もcanvaでは
できないのです

画像や色に陰影をつける

canvaでは画像や背景色など全体の透明度の
調節はできます

ですが、端の方にしたがって色を薄くしたい
グラデーション効果はつけられません

それがイラストレーターでは可能なのです

上のヘッダー画像の例で説明するとキャッチコピー
の下に薄く挿入しているマヤ紋章の違いが
お分かりでしょうか?

画像全体に透明度をあげることはcanvaでも
出来るのですが円形の淵の方にいくにしたがって
ぼやかしたい場合はAdobeソフトの力が必要です

これは結構多用する技法でプロっぽさが出る部分
だと感じます

顔写真の円形淵まわりに陰影をつけるのもAdobe
ソフトが出来ることです

イラストレーターの料金は

illustrator単体プランで月々2480円、
photoshopも同じような値段です。
セット価格やセール価格、年額割引など
色々あるようなので調べてから購入してくださいね

参考サイト↓
http://lifeiscolourful.hatenablog.com/entry/photoshop-sale

ぴったりサイズの合うテンプレートを探すのは大変

canvaは画像から図形、線なども様々な
テンプレートが用意されていて素晴らしいです

ですがぴったりイメージとサイズに合うものを
探し当てるには至難の技で
最初は特にものすごく時間がかかり
検索力が必要です

だんだん使い慣れて来るとは思いますが。。

そう考えると線や図形を自由自在ぴったりサイズ
に自分で扱えるillustratorの技術を習得した方が
結局は早いということになります

プロに頼む基準

デザインはひとつひとつのちょっとした差が
最終的な仕上がりに大きな差を産みます

一時的に使用するLPの画像やイベントの
バナーならcanvaで作成も良いと思います

ずーっと使用するアメブロやHPのヘッダーは
プロに頼んで作ってもらうことをオススメします

アメブロカスタマイズ(アメブロHP仕様変更)
のご依頼はこちらのリンクより詳細とお申し込み
受付中です↓
https://ameblo.jp/nao20050723/entry-12631042271.html

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

起業女子の皆さんのweb 周りサポートをしています。特に初期で何から始めたら良いのかどんなツールが自分に合っているのか分からない方に寄り添ってアドバイスすることが好きです。アメブロカスタマイズ、名刺、SNSバナー、制作受付中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる